私が編入試験で国立大学に合格した理由を自分なりに推測してみた

スポンサーリンク
大学編入
スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

皆さんこんにちは!コタニです。

私は編入試験で和歌山大学経済学部と滋賀大学経済学部の2校から合格をいただきました。

そしてなぜ私がこの2校に合格することができたのかを自己分析で考えていきたいと思います。

 

※私が合格した大学は客観的に見て国公立大学の中では上位の大学ではないです。加えて試験科目はTOEIC+面接+小論文(和歌山大学のみ)と国公立の中でもゆるくねらい目だと思います。

なので、もし「誰でも受かるだろ」「別に大したことはない」等と思う方はこの記事をお勧めしません。

 

志望する大学の情報を集めまくった

私は和歌山大学、滋賀大学両校のオープンキャンパスに行き、学生や先生方、入試課の方から話を伺ったりなどしました。

また、編入試験に合格した先輩に「TOEICの学習法」や「面接試験で気を付けたこと」など積極的に情報を集めました。今の時代ツイッターやインスタグラムなどでいくらでも編入経験者とつながることができます。積極的にアプローチしてみましょう!

特に私の場合、志望理由書に自分が志望するゼミ教員の名前を入れたいと考えていたので、他の人よりも多くの情報を集めなければなりませんでした。

そのうえ、私は地方公務員を目指していて両大学とも地方創生や法律学などにかかわるプログラム・学科だったので和歌山、滋賀県の観光名所やどうやったらもっと観光客を増やせるかを調べたり考えたりしました。

それらの情報を面接試験ですべてアウトプットして合格を勝ち取ることができました。

和歌山大学の編入試験では集めた情報がそのまま合格に直結したのだと思います。
それが以下のものになります。

 

和歌山大学は2016年度より3学科制から1学科6プログラム制へ学部を再編しており、どのプログラムにどの教員が所属しているか公表されていないためわからない状態でした。(2018年)

そして私は先に述べたように、志望するゼミ教員の名前を書きたかったため実際にオープンキャンパスで「誰がどのプログラムに所属しているのか」ということを確かめました。

そして面接当日、面接官から次のような質問をされ、私は以下のように答えました。

あなたが志望するプログラムに○○教授は所属しているんですか?
はい、所属しているとお伺いしています。私は先日の貴学のオープンキャンパスに参加してどのコースにどの教員がいるのかを教員の方に実際にお伺いし、そのうえで誰のもとで学びたいかを吟味しました。
コタニ
コタニ

面接官:

面接官
面接官
そうですか。わかりました。

おそらく、プログラムに関する詳しい情報を公開していないため面接官は私がプログラムと所属している教員について知っているかどうか確かめるべく訊いてきたのだと思います

もし私がこの場面で知りませんでしたと言っていたら落とされていたかもしれません。

面接官
面接官
あなたが志望している教授はそのプログラムにいないけどどうするの?
面接官
面接官
本当にうちの大学のことを調べてきましたか?

と言われていたに違いありません。

しかし、逆にインターネットに載っていない情報を答えられたからこそ合格に直接つながったのだと思います。

 

 

すべての目標を具体的にした

たとえば、「編入先では海外留学したい」や「○○学をもっと学びたい」とか漠然とした目標がありますよね。

これを最大まで具体化していきます。

「編入後は貴学の交換留学制度を利用し、アメリカカリフォルニア州にある○○大学で海外のまちづくりや地域課題について勉強するとともに語学力をつけていきたいと考えています。」

「地域経済論で和歌山県の地域創生や今後の地域政策の在り方について学び、○○学のフィールドワークで実践に移したいと考えています。」など。

具体的になればなるほどグッドです。将来の展望を具体的に考えている人は大学側も安心して合格を出せるでしょう。

生徒をとる側としても漠然とした目標を持った人をとるより、明確な目標やビジョンを持った人をとりたいですよね。

具体的な目標をしっかり伝えて面接官の方を安心させてやりましょう!

 

 

TOEICの点数が高かった

編入試験本番の話ではないんですが、これが一番の要因になったのではないかと考えています。

編入試験で英語の独自入試に代わりTOEICを採用している大学ではやはりTOEICの点数で合否に大きく変わってくるでしょう。

でも「TOEICの点数が高いだけでは本当の英語力は測れないんじゃない?だから独自入試のほうがいいじゃん」って声を聞いたことがあります。
確かにその通りかもしれません。

ですが、大学側は英語力を見ているだけではなくコツコツと努力ができる人間かどうかを見ているのではないかと思います。

語学生もので日々コツコツと積み重ねなければ本当に伸びません。
私は過去に胃腸炎で3日間勉強せずに寝込んでいた時がありました。
体調が完全に回復してから再びリスニングをしてみると「あれっ?こんなに速かったっけ?」なんて思ったことがあります。

あくまで私の例ですが3日でこれだけ落ちるんです。
なので点数が高いということは毎日努力を怠らなかった人としても見れるでしょう。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

試験に向かって明確な目標を持ち毎日コツコツ努力すれば合格する可能性はグンと上がるでしょう。

私の編入試験はこれで終了しましたがこれから受験するという方は悔いの残らないように頑張ってください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました