【語学】必見!紙辞書と電子辞書を徹底比較

スポンサーリンク
英語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

こんにちは!TOEIC865点ホルダーのコタニです。

今回は紙辞書と電子辞書どっちがいいのかというお声をいただいたのでメリットやデメリットを徹底比較していきたいと思います。

紙辞書のメリット・デメリット

皆さん誰もが知っているあのずっしり分厚い紙辞書にはどんなメリットがあるのでしょうか。

メリット

・調べた単語以外も見ることができる

単語ごとにページが区切られているわけではないので調べた単語の派生語や
そのページに載っている単語を見ることができます。

・直接書き込める

重要な単語や知っておきたい熟語などを教科書のように直接書き込むことができます。電子辞書だとできませんよね?

・文字が見やすい、覚えやすい

辞書は活字なのでとても見やすいです。電子辞書って画面も小さいし目が悪くなりそうで笑
また先ほど述べたように、調べた単語以外も見ることができるためこんな「単語確かどこかで見たな」なんてことがあったりして結果、記憶に残りやすくなります。

・電子辞書に比べて格段に安い

電子辞書は数万円しますよね?
しかし、紙辞書は安ければ2000円程度で買うことができます。

デメリット

・持ち運びに不向き

紙辞書は分厚くそれなりに重さもあるので、どこかに持っていくとなるとかさばるし重たいしでかなり不便です。

・調べるのに時間がかかる

使い慣れていないと調べるだけでかなりの時間を要します。
大学生になって初めて紙辞書を使ったコタニは本当に苦労しました(笑)

特に大学の試験なんかで辞書持ち込みOKだったとしても紙辞書だと調べるのに時間がかかって問題があまり解けなかったなんてこともあります。

・音声機能が備わっていない

電子辞書のように音声機能が備わっていないため、発音を確認できなかったりします。
一応、発音記号などが載っているためわからないことはないのですが、初学者には少し厳しいかも。

電子辞書のメリット・デメリット

最近は電子辞書を使う方のほうが多いですよね。
私の周りでは9割が電子辞書です笑

そんな電子辞書のメリットとデメリットを見ていきましょう。

メリット

・持ち運びが楽

電子辞書は軽い上に小さいので持ち運びがとても便利です。
比較的どこにでも持ち運べます。

・検索スピードが速い

単語のスペルを打つだけですぐに検索できます。
紙辞書みたいにペラペラとページをめくる必要がありません。

・メモ機能がある

よく調べる単語などを登録しておくと検索する手間が省けて便利です。

デメリット

・値段が高い

紙辞書と違って数万円単位なので初期費用がかなりかかる。

私が学校で電子辞書を買わされたとき値段を見て驚きましたね(笑)

2万円って・・・高すぎだろ!

・記憶に残りにくい

言葉を入力するとすぐに調べることができるため便利な反面、記憶に残りにくい。

結局どっちがいいのか

電子辞書・紙辞書ともに上記のようなメリット・デメリットがありどちらがいいかは使用者次第です。

私が何人かの大学教授に聞いたところ電子辞書を使っている教授は1人もいませんでした。記憶に残りやすいという面を重視して使用しているそうです。

最後に

いかがでしたでしょうか?

以上が紙辞書・電子辞書のメリットになります。
使いやすさや自身の目的を考えてどちらか選びましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました