[経験談]嫌なことからは逃げろ!アルバイトでいじめられてた話

スポンサーリンク
日常
スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

突然ですが、私は1回生のとき半年間働いていたアルバイト先でいじめられていました。自意識過剰かもしれませんがたぶんいじめられていました。

さて、なぜ僕がいじめられていたか。それは仕事が本当に全くできなかったからです。
大学1回生の時とはいえ、本当に仕事ができませんでした。正直びっくりするほどです。

もちろんできるように努力はしました。塾講師などと同じように時間外でもバイトメモを読んだりしてできることはできるようになりました。しかし、すぐ忘れてしまい結局怒られまくる日々が続きました。

そして今回は全く仕事ができなかった僕はどんな風な嫌がらせを受けていたのかをケースごとに紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

ケース1 若手社員から

僕が入ってまだ日が浅く、仕事についてあまりわかっていなかったころの話です。とある一人の先輩が僕に「わからないことがあったらなんでも訊いてくれよ」と優しくいってくれました。

そんな優しいと思っていた人ですが、後日私がわからないことについて訊いてみると

コタニ
コタニ
ドッグさん、この作業初めてで少しやり方がわからないんですが、教えてもらってもいいですか?
そんなことくらい自分でやれや!
ドッグ先輩
ドッグ先輩

こんな感じで怒られました。ちなみに自分一人でやってもわからなかったため先輩の助けを求めました。

しかし、かえってきたのは自分でやれという言葉。先輩はその時少しイライラしていたのかもしれません。それで気の弱い僕にぶつけてきたんでしょう(笑)

 

またこんなこともありました。

ドッグ先輩
ドッグ先輩
コタニ、この服の配置どうや?この色の配置でええと思うか?一回並べ直せ
かしこまりました。私は~だと思います(並べ直しながら)
コタニ
コタニ
ドッグ先輩
ドッグ先輩
お前なぁ!そうじゃないやろ!

と怒られたことも。少しミスしただけなのになぜかめちゃくちゃ怒られました。その後もこの先輩から数回このような面倒を受けました。幸い先輩は私が入った3か月後に他店へ異動したのでちょっとの辛抱ですみました。

 

ケース2 アラフォー社員からの嫌味

僕が働いていた時間はほとんど朝7時~夕方5時の間だったので学生は少なく、8割くらいがおばちゃんでした。ほとんど優しいおばちゃんだったのですが中にはかなりめんどくさい人もいました。

アラフォーA
アラフォーA
コタニさん挨拶はちゃんとできるけど仕事がなぁ
そうですか・・・
コタニ
コタニ

こんなことを言われたこともあります。私は中学・高校と部活に所属していて、礼儀や挨拶に厳しい先生に教わっていたため挨拶には自信がありました。しかし、前述の通り全く仕事ができませんでした。

たしかに、僕は全く仕事ができませんでした。だけどこんな言い方は正直ないですよね。バイトをしていた時は給料泥棒と言われている気がしてなりませんでした。

ケース3 時間内に終わらない作業を任せられる

僕は毎日自分の実力に釣り合っていない仕事を任されていました。それも、自分の能力では時間内に終わらせられないもので仕事の絶対量自体が多かったのかもしれません。そして毎日僕は社員さんに仕事ができなかったことを謝っていました。

コタニ
コタニ
すいません、仕事終わりませんでした。
アラフォーA
アラフォーA
そうか。わかった。

毎日これの繰り返し。行くのが嫌になりました。

 

そして仕事を辞める

愛あるムチではありませんでした。

毎日こんなことの繰り返しだったので入って6カ月で仕事を辞めることにしました。逆に半年もよく続いたと思います。

私の場合は仕事ができなかったのに加えて

・たびたび仕事の絶対量が多かった

・怒られて仕事に対するモチベーションがなくなっていた

・パワハラともとれる上司からの嫌味

以上の3つが仕事を辞める原因になりました。よく「若いうちは嫌でも続けろ。若いうちから嫌なことから逃げていると将来跳べなくなるぞ。」という言葉を耳にします。こんな言葉くそくらえです。

嫌になったらやめていいんです。自分の身体、精神が壊れる前にやめましょう。この記事を読んでいる方のほとんどが学生で誰かを養っているわけではないかと思います。

そうであれば、やめても誰にも迷惑が掛かりません。

以上コタニでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました