パチスロにはまってしまった話

スポンサーリンク
日常
スポンサーリンク
スポンサーリンク

みなさん人生で一度はパチンコや競馬などのギャンブルを経験したことはないでしょうか?

私は大学生になってから競馬とパチンコ、パチスロを経験してすっかりはまってしまったということがありました。

楽しくやる分にはいいのですが、やはりお金が絡んでくるのでヒートアップしちゃいますよね。

中にはパチンコなどのギャンブルで人生が狂ってしまう人も少なくありません。

そこで今回はなぜ私がパチスロにはまってしまったのか、そして行かないためにはどうすればいいのかを話していきたいと思います。

友人のすすめから始める

大半の人がきっとこれだと思います。
パチンコなんて全く縁もなかった。でも友人に誘われたから店に入ってプレイするなんてことありませんでしたか?

私は成人式で久しぶりに中学の友人に会い、そしてパチンコ屋へ行くようになりました。

一番最初に行ったときは2000円投資して負けたため、こんなもんの何が楽しいんだって思っていました。
しかし、春休みに入りその友人の誘いでパチスロを打ちに行ったとき、とうとう当たってしまいました

当たったとき台が発する光、音が快感に変わってこんなにも面白いのか!と感じました。
それまでは娯楽程度に楽しくやっていましたが一気にギャンブルに変わりましたね(笑)

一人でもスロットを打ちに行くようになる

当たるまでは一人で打ちに行くなんてことはなかったのですが、当たってからはもう一度当てたいと思い、一人で行くように。
時期が4.5月だったので新生活のストレスを晴らすしたいということもありました。

最初は投資額を2000円までと決めていたのですが、だんだん上がっていき一日で最高5000円使ったことも。

ちなみに一番当たったときは5円スロット番長3を打った時です。
3000円投資のリターンが17800円でした。
その時はパチンコ屋に5時間もいてさすがに目と耳がやられました(笑)

なぜはまってしまったのか

当たったときがめちゃくちゃ快感だったっていうのが一番の理由なのですが、もう一つの理由として自分の好きなアニメの台が置いてあるということです。
私はもともとエヴァンゲリオンが好きでヱヴァの台を打ち始めてからのめり込んでしまいました。

友人も好きなアニメの看板があったからなんとなくパチンコ屋に入って打ったらはまってしまったと言っていました。

これも大きな原因の一つだと思います。

パチンコ、パチスロをやめるには

暇な時間を作らない(パチンコを打てない状況にする)

とにかく暇な時間を作らないことが一番大事ではないでしょうか。

パチンコ、スロットはたちが悪く、競馬や競艇などと違い毎日ほとんどの店が営業しています

パチンコが好きな人は暇な時間さえあればパチンコ屋へ行き、またお金が無くなって・・・

その繰り返しで結局借金なんてことも。
しかし、暇な時間を作らずに毎日忙しい生活をしているとそのうち行く気もなくなります。

パチンコより没頭できる趣味などを見つける

これは上に書いたものにつながってきます。

夢中になれる趣味を見つける→趣味に時間を費やし、パチンコに行く暇な時間が無くなる
となっていくと思います。

必要最低限のお金だけを持ち歩く

パチンコに行ってしまうのは余分なお金を持ち歩いているから。
もし財布の中にその日の昼ごはん代1000円だけしか入ってなかったらさすがに行きませんよね?

必要最低限のお金しか持ち歩いていなければ行きたくても行くことができない状況を作ることができます。
キャッシュカードを持っていたらお金をおろしていく人もいるかもしれませんが。

パチンカスにならないためには

・友人から誘われても行かない

・興味本位で入らない

・もしやるのであればたしなむ程度、お金は帰ってこないつもりで

・ゲームセンターのスロットコーナーで打つ(パチンコ屋に行くより安価です)

この4点が重要です。

もしまだ一回も行ったことがなかったら友人に誘われても行かないように。
そして、パチンコは楽しむ程度にしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました