【大学編入】面接試験 鉄板の質問と回答例4選!

スポンサーリンク
大学編入
スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

こんにちは、某国立大学に編入したコタニです!

今回は編入試験の面接で頻繁に聞かれること、またその質問に対するベストな答え方を学びましょう!

 

志望理由(なぜ編入なのか、なぜその大学なのか)

志望動機の答え方次第で合否が決まると言っても過言ではありません。そのくらい重要なものになってきます。

良い回答例

・○○先生のもとで○○について学びたいから ・現在○○を目指していてそのために貴学の○○で学びたいと考えている。

上記のように志望学部のいい点を具体的に言うことが大切です。もう少し付け足すと「貴学は○○専門の○○先生がいる上、○○に関しても充実していると聞いています。」など

 

悪い回答例

・学校のあるところが家から近いから ・今通っている大学がつまらない、講義が面白くないから

上記のような私情を挟んだものや、在籍している大学を批判するものは絶対にNGです。

また、「貴学には他大学にはない○○という特色があるからという差別化をして他と意見がかぶっても大丈夫なのか?」

という意見を頻繁に聞きますがこれはOKです

みんなその特色に魅了されて受験するのですからここは他人と同じで大丈夫です!

編入後に履修したい講義を具体的に

これも志望動機と同じくらい頻繁に聞かれます。

私は受験大学のシラバスや行きたいゼミの教授の研究テーマを調べて本番に臨みました。

良い回答例

・コタニ論や現在の大学では学べなかった○○調査研究等を学びたいと考えています。

 

悪い回答例

・○○入門や憲法学入門(経済学部でありながら)等を学びたいと考えています。

○○入門など一般教育科目(般教)や1で述べた志望動機と全く接点がない、あるいは学部違いのものを言うのはやめましょう。

卒業後の進路

卒業後の進路について聞かれることが多々あります。

嘘でもいいですから聞かれた時のために一つ用意しておきましょう。

良い回答例

・貴学で○○学についての専門的な知識や能力を身に着けて将来は○○になりたい。

できれば自分が受ける学部の就職先を見て就職先と学部が合っているか確かめましょう。

 

悪い回答は自分の受験する学部と就職先が合っていないことです。

例)外国語学部に編入するが将来は建設業に勤めたいなど

現在在籍している大学の講義内容の説明

経済学部なら経済学や経営学に関する講義について聞かれたりします。

私も面接試験を課す大学を2校受験しましたがともに経済・経営の講義について聞かれました。おそらく編入後ちゃんと講義についてこれる知識があるかどうかを判断しているのでしょう。

良い回答例

・○○の講義では○○について学びました。○○について私は○○をすればいいのではないかと思った。

講義の内容+興味を持った内容に自分の意見を付け足すとベストではないかと思います。

悪い回答例

・正直あまり覚えていません、わかりません。など

分からなくても自分が最低限知っていることを相手に伝えましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

以上が面接で聞かれる鉄板の質問です。しかし、本番は練習とは全く違って予想外な質問が次々に出てくるので何を聞かれてもいいように万全の準備を整えましょう!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました