編入生ってだけですごく期待されてそれが不安になる話

スポンサーリンク
大学編入
スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

編入生って学歴目的(学歴コンプレックス)のために編入する人もいるけどたいていの人は今よりもっとレベルの高い環境で勉強したいとかやっぱりこの分野に興味があるからこの分野を専門にしたいって方が多いかと思います。

私の現在在籍している大学では編入生は一般学生から賢くて意識の高い奴らと思われています。編入生だから賢いよねとかもっとやれるんじゃないのとか。

今回はそんな自分が感じている不安について話していきたいと思います。

期待されすぎて逆に不安になる

上述したように編入生はとても賢く見られています。それが賢くない私にとって一番困ることなんです。

たとえば、「この○○学めっちゃ難しいし、単位真剣に落としそう」というと一般学生の友達は「そんなこと言ってるけどめっちゃ賢いんやろ?知ってるで」と言ってきたりします。

他人から賢いと言われるのはとても嬉しいことなんですが、実際あんまり賢くないし期待するのはやめてくれっていつも心の中で思っています(笑)

 

期待に応えたいと思う自分と失敗を恐れる自分

もちろん、みんなの期待(私に対するイメージ)に応えたいという気持ちは大いにあります。

でももし失敗したらどうしようなんてことを心の隅で思っているのです。

彼女の前だからどうしてもかっこいいところを見せたいと思う気持ちと似ているような気がします。

 

本当の自分をみてもらうしかない

結局はテストか何かで本当の自分はこんなもんですよって知ってもらうしかないんですよね、今のところは。

今まであまり賢くない環境で過ごしてきたのでこういった環境は自分にとってめちゃくちゃ厳しいです。
高校にいたときなんてみんなも勉強できないのが当たり前で赤点とっても何も気にしなかったのになって思ってます(笑)

まあ気にせずに生きるしかないんですけどね!

 

最後に

期待されるのは嬉しいことです。しかし、同時にしんどいことだとも思いました。

こんな僕も今では滋賀大学の学生なので、今後の編入生のイメージが悪くならないように頑張っていきたいと思います!

応援よろしくお願いします!

また、これから編入試験を受験する方、みなさんが第一志望の大学に合格することを心から祈っております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました