【大学編入】面接の服装それでいいの?面接時の服装や時間について解説!

スポンサーリンク
大学編入
スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

こんにちは!某国立大学に編入したコタニです!
今回は大学編入試験の一つである面接試験の時間や服装などについてお話していきたいと思います。

面接試験の重要性

編入試験における面接試験はブラックボックスで配点を非公表にしている場合が多くあります。
そのため、面接がどれほど合否に関わってくるのか予想がつきにくいです。
ですが面接試験はとても重要な試験と言えるでしょう。

なぜなら、筆記試験は失敗したけれど面接試験は上手くいって合格したなんてケースが少なからずあるからです。
かく言う私も受験した大学の一つで筆記試験はダメだったけれど、面接試験で盛り返して合格した経験があります。

それほど面接試験は重要です。

面接時間

面接時間はだいたい10~20分といったところでしょう。本当に短いところだと5分などで終わるところもあります。

私は和歌山大学と滋賀大学の2校を受験しましたがほぼ10~15分でした。和歌山大学、滋賀大学の編入試験に関しては以下の記事をご覧ください。

 

 

実施日時

大学によって異なりますが多くは筆記試験の後に実施するでしょう。また、次の日に行うパターンもあります。筆記を一次試験とし、面接試験を二次試験とする大学も少なくありません。

法政大学の編入試験は午前に一次試験である筆記試験を実施します。
その後に、一次の通過者だけをその場で発表し午後から面接試験があるそうです。これはめちゃくちゃドキドキしますね笑

形式

大学によって面接の形式は異なってきます。受験生が複数の時や1人の時、面接官が複数もしくは1人などさまざまです。

私の経験から言わせてもらうと1対多の試験が多かったです。
だいたい面接官が3人いて2人が質問係でもう1人が記録係といったところでしょう。(記録係も質問をしてくる場合があります。)

服装

就職試験のように言葉遣いや服装などを得点化することはないのではと思います。なぜなら、面接官が一番知りたいのは勉強に対してどれだけの熱意があるかですから。

したがって、服装などの見た目で落ちるということはまずないでしょう。
私が受験した大学で面接試験があるのにも関わらず私服で来ている人もいましたから(笑)
しかもちゃっかり合格もらってました(笑)
ですが受験生の8~9割が黒か紺のスーツを着てくるので特別な理由がない限り基本スーツで行きましょう。

また、編入試験を受験する人は最低でも19か20歳になっている人ですよね。

その歳ならもう周りからは1人の大人として見られているので面接などのフォーマルな場ではフォーマルな服装(スーツ)を着ていくのが大人な対応で当たり前なことではないか思います。

したがって、服装は就職面接のつもりでスーツを着ていくことをおすすめします。

スーツの柄や色に関しては特にどんなものでも構わないと思います。スーツであれば問題ありません。先ほども述べたように相手はあなたの服装を見ているわけではありません。なのでどんなものでも大丈夫です。

余談ですが、私は入学式で使用したストライプの入ったスーツで試験に臨みました。他の受験生はみな黒or紺色のスーツだったので正直めちゃめちゃ焦りました。私は度胸のない人間なのでちゃんと無地のものを着て行けばよかったと思っていました。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?
最初にも言った通り面接試験は極めて重要です。面接ではその人の学びたいという意思、つまり学問に対する熱意を見るので精一杯自分の気持ちをぶつけてみましょう!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました