【最新】滋賀大学経済学部三年次編入合格体験記【H31年度】

スポンサーリンク
大学編入
スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

滋賀大学経済学部の社会システム学科に合格した当ブログの運営者のコタニです!
今回は滋賀大学の志望動機から面接で聞かれた内容についてなどを話していきたいと思います。

志望動機

最初に私は編入前の大学で地方創生や地域活性化について学んでいて、地域課題の解決に向けた実践的な能力や知識を身につけたいと思って経済学部を志望しました。
そして、滋賀大学経済学部なら経済・法律・政治などの幅広い分野を一度に学ぶことができるという上に学科を超えた学びがあるということを知り、滋賀大学を受験しました。
地方公務員を目指している人には学びやすいカリキュラムだと思います。

募集人数

滋賀大学経済学部は5学科に分類されており、平成31年度入試では以下の募集人数でした。

経済学科・・・5名
ファイナンス学科・・・3名
企業経営学科・・・4名
会計情報学科・・・3名
社会システム学科・・・5名
計20名

過去3年の入試統計と31年度の結果を見てみると募集人数に対して約20名ほど多くとっていることがわかります。

試験内容

面接200点、TOEIC公開テスト200点の総点400点を評価し合否を決めます。

これはあくまで私の予想になりますがTOEICである程度の点数をとれていればどこかの学科には合格するでしょう。
滋賀大学では毎年TOEIC600点台の方も合格しています。ということはTOEICでアドバンテージをとることができ、面接試験も普通にしていたら合格の可能性が十分あるということです。

某予備校に「何点あればいいか」と聞いたところ低くても600点後半で700あったら良いよなどと仰っていました。
しかし、そういった方たちはきっと面接のほうで高得点をたたき出したんだと思います。

面接では何が起こるか予想できないので私的には面接試験の保険という意味では800点は取得してほしいですね。

試験当日の流れ

午後12時30分から面接試験スタートでした。
私の受験年度は受験者96人で4部屋に分けられていました。私の受験番号はだいたい真ん中くらいでしたが待ち時間はなんと3時間半(笑)

受験番号が最後の方の人は予定表を見る限り長くて4時間半待ったと考えられます。
待ち時間が本当に暇なのでできればスマホ以外に時間をつぶせるものを持っていきましょう。
私はスマホしか持って行ってなかったのでめちゃくちゃ退屈しました。
本をもっていけばよかったなと思います。

面接試験と質問内容

面接の雰囲気

面接時間10分程度
試験官3人(全員が質問してくる)

面接試験はやや圧迫気味で堅苦しい雰囲気です。
部屋に入ったとき扉の前で一礼をするのですが、面接官は早く座れと言わんばかりの対応をとってきました。

そのうえ、終始すごい睨まれました。あちらとしては一部屋だいたい20人も相手にするわけですから疲れやストレスが相当溜まっていたんでしょう。怖い面接官を演じていたという理由もあると思います。

私は少しビビってしまい受験番号などがかみかみになってしまいました(笑)

質問内容

私がされた質問については以下のものになります。

・将来の展望と入学後学びたいこと

・受講したい講義を具体的に

・編入前の大学での専門科目、興味を持った講義の説明

・編入前の大学でどんな勉強をしてきたか(英語TOEICも可)

・地方創生について学んだこと

・地方創生についてどんな勉強をしてきたか、具体的に読んだ本を挙げて

・あなたの学校の経済学の講義は教科書を使ったのか

滋賀大学の面接は基本的に志望理由書に沿って質問されます。なのでしっかり対策をとっていれば大丈夫でしょう。

自分の得意分野の本は最低でも3.4冊は読んでおきましょう。
私は面接で読んだ本について2冊目を聞かれました。
読書量(知識量)で面接試験は大きく変わります。

本を読む習慣をつけましょう!

最後に

いかがでしたでしょうか?
TOEICの点数をある程度上げて面接対策をきちんとすれば合格は十分に可能だと考えられます。

大学についてわからないことがあるのであればオープンキャンパスなどで情報収集しましょう!

コメント

  1. […] 滋賀大学経済学部の編入学試験を受験した話どうもこんにちは!masaです! 今回は滋賀大学経済学部の編入学試験に関してお話しします。 まずは試験科目などについてお話しした後、実際に受験して感じたことなどを述べていきます。 試験科目 TOEIC・・・おそらくですが、受験者の平均点数を基準とした偏差で点数をだしていると考えています。 また筆記試験などがないので、T…hen-nyu.com 【最新】滋賀大学経済学部三年次編入合格体験記【H31年度】kotaniblog.com […]

タイトルとURLをコピーしました