【最新】立教大学法学部三年次編入合格体験記【R2年度】

スポンサーリンク
大学編入
スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

こんにちは、ポパイ(Twitter:@3Xgfu2QDG2i0lC6)と申します。高校卒業しそのまま短大に入り、自分は現在2年生です!多分自分のこの体験談で知り合いに身バレする可能性ありありですが、知り合いの人、バラさないでくださいw

この度は6戦1勝5敗で立教大学法学部政治学科に3年次編入することが出来ました!よろしくお願いしますね!

 

 

スポンサーリンク

志望理由

自分はやりたい研究が移民、難民の政策における国際法だったので、それを元に大学を選びました。(神戸以外は)そして、その研究をすすめる過程で政治と法の知識どちらも必要と感じて、立教大は法学部の中にどちらも設置されており、これらの授業を履修できるという理にかなった環境でした。

あとは英語力向上のために自分はTOEFLに励みたいと考えていたので授業や自習教材がある立教はいいなと思いました。

 

 

志望校決定から本番まで

立教受験の決定時期はすべての受験に落ちたことを知った12月半ばでした。

年をまたいだ受験があるのは、有名どころだと金沢、立教、同志社、南山しか知らなかったので、研究も被り、自分のやりたいことができると思った立教の法学部政治学科を受けることにしました。

編入試験本番までに、私は立教の過去問を読み、今までやってこなかった政治学が必要と知り、約2ヶ月で政治学をたたきこみました。また憲法も12月半ばまで受けた大学では必要ないと思い、勉強しなかったので復習も兼ねて叩き込みました。

英語に関しては和訳問題がでることを聞いて、訳すのなんて速読できればよくね?と英検1級の英文を解き、繰り返し音読を行なっていました。 上記のように述べてますが、正直もう諦めかけてて、必死にやるよりかは教科書の面白い部分や使えそうだなって部分しか見てませんでしたね。

 

本番

立教法3年次編入は一次試験と二次試験に分かれています。流れは一次試験で英語と法律の問題を解き、その結果が翌日出ます。そして二次の面接はその結果発表の日に招集という形になってます。招集の際は待合室で待機してました。

 

立教法編入について

 

募集人員は若干名、倍率3-4倍ぐらいですかね?(例年20人以上いるイメージですが、今年は少なかったです) 今年は、一次の筆記で全体14、5人のうち3、4人に絞られました(体感)

一次試験の法律に関して言えることはとにかく範囲が広いということです。

政治学、国際政治学、刑法、民法、憲法、一般教養、、さらに、それらに関しても浅はかな知識ではなく、ある程度勉強しないとわからない内容が出てきます。(自分すげえって言いたいわけちゃいますよ?客観的な分析ですよ?w)

 

法律

問題形式は法学の単語5つから3つ、政治学の単語5つから3つ選ぶというものでした。今まで過去問を解いてきましたが、2ヶ月前の時点では4割ぐらいしか解けなかったです泣 今年の問題としては、法で私的自治や非犯罪化や夫婦別姓など。政治で冷戦、ポピュリズム、集権と分権などが出ました。

 

しかし、ここが1番伝えたいことですが、今年の問題は自分が今まで落ちた大学の勉強が無駄にならず、むしろ総動員することができるものでした。高崎経済のための地方自治の勉強、上智、外大のための国際政治学、神戸のための法学ノート演習、刑法、民法です。

だから、絶対に最後まで諦めないことをおすすめします!

 

 

英語

法や政治に関連した文(子供手当とブッシュ氏の演説)の和訳でした。英文の難易度は英検準一レベルだと思います。

国公立の一般入試に問題形式似てるんとちゃいますかね、、?

 

 

二次試験(面接)

面接官:面接官が2名で質問を回答していく形でした。圧迫ではなかったです。

面接時間:約20分でした!

 

以下、質問一覧

⑴志望理由

⑵なぜ大学編入を選んだのか

⑶自分の学校の仕組みについて(短大について)

⑷つきたいゼミの教授をどのように知ったか

⑸なぜその研究をしたいのか

⑹語学は好きか

⑺国際政治はどのように勉強したか

⑻将来の夢は具体的にどういったことをするのか

⑼君の短大の単位はほとんど互換されないため、他の大学生よりも忙しくなるが、大丈夫なのか

を聞かれました。

面接においてはまずスーツ、挨拶などのマナーを気をつけました。また面接で話す内容においては今の現状→志望理由→大学卒業後の進路の流れの首尾一貫性が非常に大切だと思いました。

これらは今まで落ち続けたことによって練習しまくってたんで、大丈夫でした。

しかし問題は⑼の質問でした。立教大学は単位互換の際に無差別で28単位を免除してくださいます。私は引き継げる単位が短大から2単位しかなく、それでもやっていけるのかってこれでもかってぐらい聞かれました。5、6分はこれに関してでした。

そこで私は緊張でトチ狂ったのか「習慣化が大切だと思います。勉強の時間を少しずつ増やし習慣化をすることができました。また習慣化が必要な筋トレという趣味を持っています。」って言うたら面接官の方が笑顔になってくださいまして、「筋トレやってんの!?!?!」「バーベルあげんの!?!」 みたいな感じでテンションぶち上がりの面接で終了しました。(何が言いたいかというと筋トレは最強です)

 

 

試験対策(法律、英語)

立教を受ける方に言えるのが、とにかく幅広めの知識を持っとくべきだと思います。 (憲法、民法、刑法、政治学、一般教養などなど)私は今まで落ちた大学がこれらを必要としたので、自然と幅広めの勉強になっていました。

憲法

学説や判例を中心に覚えました。また判例がどのような判決を下し、その理由がなんなのかを理解することが大切だと思います。参考書は憲法・法学への招待を使いました。

民法

苦手だったんで、あんま言えないっす、、 参考書はスタートライン民法を使いました!

刑法

要件をしっかりと覚えました。あとは犯罪に対する場合分けを要件の違いと共に覚えていきました。参考書は刑法雑学です。

法学概論

演習ノートをひたすら繰り返し読みました。大切だと思ったところに黄色マーカーをつけ、ノートにまとめました。初学者にとっては読みにくいと思います。繰り返し繰り返し読んで慣れていくしかないです。でも演習ノートは情報量が多く、最高です。

政治学・国際政治学

前者の参考書はnew liberal arts selection の政治学っていう教科書使いました。後者は国際政治学をつかむというのを使いました。 統治機構に関するものに関しては憲法と被りますので復習を兼ねて勉強しました。あとは、理論がどのような考え方なのか見ながら覚えていきました。

政治学 補訂版 (New Liberal Arts Selection)

中古価格
¥1,800から
(2020/3/6 11:13時点)

国際政治学をつかむ 新版 (テキストブックス[つかむ])

中古価格
¥360から
(2020/3/6 11:14時点)

 

一般教養

とにかくニュースを見る。なるべく中立的な意見を出してるところでw (夫婦別姓、相続法改正・入管法改正など)法律に関係したニュースのそれぞれのメリット、デメリットを挙げているサイトをよく見てました。

重要なのはメリットだけでなくデメリットに目を向けることかと。逆も然り。 試験での書ける情報量が増えます! あとは公務員試験重要ワードを乗せた手のひらサイズの本も網羅的に政治や行政に関する一般教養を乗せてて助かりました。

英語

自分は、英語の資格としてTOEIC855点、英検準一を持っています。比較的高い方かと思いますが、近年はインフレ化でこんぐらいの点数ある人々は多くいらっしゃると聞きます。

約9ヶ月間で485→855に行った際に行った勉強は

英検準一のパス単、参考書の音読、ディクテーションを行なっていました。正直これが1番いい方法だと思います! 音読は速読力が付き、ディクテーションはリスニング力が付きました。

 

 

最後に

自分は編入が長期戦だったので、非常に精神的に疲れました。周りが受かっていく中、どうして受からないんだという形で悩んでましたね。年またいでもあきらめなかったことは良かったのかなと思います。

また、うまく行かない時は筋トレもしてました。実際、アドレナリンやテストステロンが出て、とても精神的支えになる趣味だったと思います。

また面接でも筋トレ出せたのが、功を成した部分があったので本当様様です! あとは編入は情報が少ないのでTwitterやウェブで頑張ってあつめるのがよいと思います。 本当に合格できて良かったです。皆さんのこれからの受験がいい方向に行くことを祈っています!!!^_^

コメント

タイトルとURLをコピーしました