留学費用最大3カ月無料 第14回One projectに応募しました

スポンサーリンク
日常
スポンサーリンク
スポンサーリンク

近年1週間から行くことができる短期留学をはじめ、留学が主流になってきたのではないでしょうか。私の周りでも語学留学や学部留学など留学をする人がちらほらと。

そんな中、私は海外旅行が好きで英語をより話せるようになりたいと考えていたので、自分もいつか留学に行ってみたいと考えていました。

給付型奨学金などをもらってあまり費用を掛けずに行きたいなと考えていた時に見つけたのが

留学費用を最大3カ月負担してくれる「One project」でした。

そして今回はそのプロジェクトの概要となぜ数ある奨学金の中でこのプロジェクトに応募したのかということを話していきたいと思います。

 

 

One projectについて

イントロの部分でも少し話したようにこのプロジェクトでは最大3カ月留学費用を負担してもらえます!

また、3カ月支援以外に2つポジションがあり、選抜されたランクに応じて3カ月無料ではなくとも留学期間に応じて支援もしてもらえます。

1カ国につき枠は最大3カ月負担を含めて6つあり、One(1人)、Evangelist(2人)、Ambassador(3人)と3ランクに分けられます。

Oneに選抜されれば最大3カ月留学全授業料支援

Evangelistは最大20万円相当の留学支援

Ambassadorは最大10万円相当の支援を受けることができます。

また、留学先は驚くほどの多さで

アメリカ、アイルランド、ハワイ、カナダ、イギリス、オーストラリア、マルタ、フィリピンとこの8つから自由に行きたい地域を選ぶことができます。

コタニ
コタニ
こんなに魅力的な企画は他にはない!!!

そして選考は国ごとに行われ、それぞれ代表者を選出していきます。ただし、各国応募人数に応じて随時予告なく締め切られるため、できるだけ早めの応募が必要だそうです。

コタニ
コタニ
年々応募人数が増えてきていて14回はすぐに締め切られてたなぁ。

ちなみに私は出したのが遅めだったのでもう少しで選考を受けられなかったですわ(笑)

 

選考フロー

選考は基本的に書類提出→一次面接→二次面接→最終面接(社長面接)となるそうです。

追加の選考などがイレギュラーにあったりもするそうです。私が選抜者のブログを見る限りでは追加で面接や書類提出を求められることが多いという印象を受けました。

 

 

なぜOne projectに応募したのか

コタニ
コタニ
単純に海外留学をしてみたかった・・・

1つ目にこのプロジェクトの最大3カ月授業料支援が魅力的だったからです。

経済的な理由で海外留学を断念せざるを得ない学生にとってこれほど好待遇なものは他にはないかもしれません。加えてOne projectは数ある留学のための給付型奨学金を募集している機関に比べてハードルはそれほど高くないと考えられます。

なぜなら、今までの経験は一切関係ないのは前提として留学計画書を出すことや英語力が一切問われないからです。

とてもねらい目なのでは?

2つ目に海外旅行をする中で短期滞在ではなく長期でその国に滞在し、語学の習得はもちろん海外生活を一度味わってみたいと考えていたからです。

旅行などの短期滞在では見ることができないその国の姿をこの目で見たい、今よりも英語を話せるようになりたいと思っていました。

また、応募時点では緊急事態宣言が発令されていて毎日家から一歩もでない状況だったので、時間的余裕があったというのも理由の一つです。

以上の理由から、このプロジェクトに応募することを決意しました。

 

 

最後に

以上がOne projectの概要や選考について、また私がなぜこのプロジェクトに応募したのかという動機でした。

今回私は第14回One projectに応募しました。

恐らくこのプロジェクトは半年に1度開催されます。またすぐに第15回の応募が始まるでしょう。

学生はもちろん社会人の方も応募できるとのことなので割とチャンスではないでしょうか!!!

当たって砕けろの精神で行っちゃいましょう!!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました