【体験談】コンビニの夜勤は本当に楽なのか? 実際に働いてみてどうだったのか

スポンサーリンク
日常
スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

こんにちはコンビニアルバイターのコタニです。
コンビニの夜勤って「あまりお客さんが来店しないので楽勝なんじゃない?」や「時給はいいけど夜のコンビニって強盗にあいそうで怖い」といった声をよく耳にします。

そのため今回は私が実際に働いて得た感想などをもとに人々が疑問に思っている夜勤の実態を話していきたいと思います。

コンビニ夜勤は本当に楽なのか

仕事量や職場の人間関係など仕事を決める要因は人それぞれですが、夜勤で一番気になるのはやはり楽かどうか部分ですよね。

結論から申し上げますと、正直めちゃくちゃ楽です。

深夜は本当にお客さんが全く来ません。私は駅近の店舗とそうでない店舗を掛け持ちしているのですが、前者は特にです。

電車がある時間帯は会社帰りのサラリーマンや遊び終わった学生などが来ますが、終電を過ぎると一気に誰も来なくなります。

逆に駅近でない方は車での来店が多いため、昼間ほどではないがちょくちょく来ます。

ただし、これは私や同じ職場の人間から聞いたものです
体験からくる感想は人それぞれです。また、これは私が働いた店舗での話なので必ずしも全て当てはまるとは言い切れません。なので鵜呑みにはしないように。

夜勤は危険ではないのか

私が働いている店舗では今のところは大丈夫です。強盗が来るかどうかはその店の立地や店員が普段から「いらっしゃいませ」などの声掛けができているかどうかによるのではないかと考えられます。

私が働いていた前のアルバイト先も接客業でやはり声掛けがない店舗は万引きや強盗がしやすいと社員の方が言っていました。

コンビニの話に戻りますが、私が知っているコンビニでも普段から声掛けなどを徹底していないだらけた学生が多くいる店舗は実際に強盗被害にあっていました。

業務内容

深夜はコンビニ内の清掃や検品・品出しがメイン業務になってきます。

・店内フロアやトイレまた店外の清掃
・ホットスナック什器の清掃
・おでん什器の清掃(私の店舗ではおでんの汁を新しいものに変えたりします)
・中華まん什器の清掃
・コーヒーメーカー什器の清掃

・納品された商品の検品
・米飯・ベーカリーの品出し
・ジュース酒類の品出し
・お菓子の品出し
・食料品の品出し
・日用品の品出し

上記のような内容になっています。
この中でも特にジュース類の品出しがしんどいため、私含めて職場の人は誰もやりたがりません(笑)
時間も結構かかります。

また、上記がメインなだけであってほかにも灰皿を洗ったり、新聞の返品作業、そしてもちろんレジ打ち・接客もあるのでお忘れなく。

夜勤のメリット

・給料が高い

昼間の1.25倍(25%増し)の賃金なので昼間働くより断然お給料が良いです。

・来客が少なく昼間より作業が簡単

昼間や夕方の時間帯はお客様の数が多くずっとレジ打ちをしているなんてことが多いです。お弁当を温めたりフライヤー商品を取りに行ったりなどやることが多いです。

しかし、夜は品出しや清掃がメインになってくるので「接客が苦手」や「自分一人で黙々とやりたい」といった人には向いている、楽に思えるでしょう。

デメリット

生活リズムが狂う

本来、人が寝る時間に働いて起きる時間に寝るので昼夜逆転の生活になってしまいます。
私の場合は夜勤がない日でも朝まで起きてしまいます。本当に全く寝れなくなります。
体力的に昼間遊ぶことができなくなり、夜勤に入ってから遊ぶとなったらほぼ深夜でという風になってしまいました。

また、生活リズムが狂ったせいで朝食昼食抜きが当たり前になってしまいました。

不健康になる

個人差があると思うのですが、私の場合は肌荒れニキビ便秘になりました。

身体があまり丈夫でない方は夜勤をお勧めしません。
特に私は肌が弱いためめちゃくちゃニキビができて困っています。

最後に

夜勤は強盗や生活リズムの乱れ、不健康になったりなど多くの不安要素があります。
決してメリットだけではないのでデメリットも考慮したうえで働くかどうかを決めましょう。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました