デメリット満載? 長距離バスに乗らない方がよい理由【東南アジア編】

スポンサーリンク
海外旅行
スポンサーリンク
スポンサーリンク

グローバル化が進んだことにより以前と比べ、ヒト・モノ・情報の移動コストを大幅に抑えられるようになった現代でどの世代でも海外旅行に魅了される人はいます。

特に学生の間で流行っているのがバックパッカーと呼ばれる旅スタイル。キャリーケースなどは一切持たずにバックパック一つで旅をするというものです。

 

そしてこのバックパッカーと呼ばれる人たちの多くは安くて近くて、超楽しい東南アジアへ行きます。

 

多くの場合はタイ、ベトナム、カンボジア、ラオスなどを周遊する人が多く、これらの国は陸路で入国可能なためバスを利用する人が増加傾向にあります。

コタニ
コタニ
時間はかかるけど費用抑えられる。時間があって金がない学生にピッタリだぜ。

 

僕が払った額は5213円で空路で行くよりも確実にお得です

そのためぼくら学生にピッタリなんですが、できれば陸路での移動は避けて頂きたい。

 

まじで死にますよ。

ってことで今回はなんで長距離バスを使ってはいけないのかを話していきたいと思います。

 

 

 

スポンサーリンク

アクシデントが多い

単純にアクシデントが多いです。というか多すぎます。バスの故障とか事故とか。

 

私はベトナムハノイからラオスのルアンパバーンに行くとき長距離バスを利用して27時間かけてルアンパバーンに到着しました。

 

本来なら22時間程度でついていました。しかし、途中でなぜかバスが故障してしまい、3時間もニンビンの中でもとんでもない田舎道で降ろされました。

もちろんそんなところにショッピングモールや観光地などは一切なく、ただ3時間ボーっとしているだけでした。

 

 

コタニ
コタニ
あれはまじできつかったなぁ。

 

あとどんなアクシデントがあっても日本のようにまず保証はしてくれないし、謝ることもありません。

 

また、事故もそれなりに多く事故にあう確率はかなり高いです。

 

4 また、北部に限らず、雨季に陸路で移動することは一般的に危険が伴います。特に長
距離バスは、悪路に加え整備不良や運転ミス等の要因で、スリップに伴う横転や転落等の
事故が毎年あります。
本年 4 月にも、ビエンチャン・チャンパサック間を結ぶ夜行長距離
バスが橋から転落して 10 数名が死傷する事故が発生しています。夜間の利用は控えるとと
もに、日中の便であっても、天候やルートの道路状況等を事前によく確認しておくことを
お勧めします。

引用元:注意喚起-在ラオス日本大使館

私が旅行していた時にドンピシャで死亡事故がありました。

A tour bus carrying dozens of Chinese passengers crashed in Laos, killing at least 13, officials said Tuesday.

The bus was carrying 44 Chinese when it careened off a road between the Lao capital, Vientiane, and the northern tourist town of Luang Prabang on Monday, the Chinese Embassy in Vientiane said on its website.

In addition to the 13 who were killed, 31 other Chinese passengers were injured, two of them seriously, the embassy said. The bus driver and a guide, both Lao, suffered minor injuries.

引用元:Bangkok Post

この事故は2019年8月に起きたもの。

毎年このような事故が起きているっぽいです。

アリサ
アリサ
じゃあちょっと高くついても飛行機で行ったほうがいいよね。
命が危ないもの。
コタニ
コタニ
本当にそうした方がいいよ。
かなりの確率で事故って死ぬから。

 

 

 

山賊が出る

 

私もこれは日本にかえってくるまで知りませんでしたが、どうやら山賊が出てきてお金とか脅されちゃうっぽいですね。

2 武装した賊によるバスジャックに遭った事件

夜10時ころ、邦人らが乗車する夜行バス(ハノイ発ルアンパバーン行)が、ルアンパバーンから車で3時間ほど離れた地点で、拳銃を持った男5・6人の賊に止められた。同賊は乗客らの米ドルのみを奪ってバイクで逃走。

引用元:NIHONBASHI YUMEYA「ラオス 邦人被害の凶悪事件が連続発生しています」

ラオスの治安は比較的良好ですが、ベトナムなどで仕事に就けない人がラオスにきて麻薬や拳銃を密売してるって噂です。

命こそ取られないかもしれませんが、なんだかんだで打たれてる人とかはいるので危険ですね。気をつけましょう。

 

 

 

家畜以下の扱いをされる

これマジです。乗客みんなひどい扱いをされます。

バスのおじさん
バスのおじさん
OKJOGOII%#(45-8~(“%)&$)=#JKJIUJIPERWE

こんな感じで彼らは英語が話せなくて何を言ってるのかほんとにわかりませんが、めちゃくちゃ横暴な態度で怒鳴ってきます。

おめえらさっさとしろくそどもが!

多分このくらいだと思います。

 

私の座席が冷房ガンガンで死にそうになっていたとき乗客が少なかったためか、たまたま空いていた席に移動して寝ていたところ

バスのおじさん
バスのおじさん
どこで寝とんじゃわれぇ!

って怒鳴られました。理由を説明しても彼らは英語がわからないため何言っても同じでした。

それにしてもなんで空いてるところ使ったらだめだったのかねえ。

 

 

とにかく不快

実際に乗ってみるとわかりますが 、死ぬほど快適ではありません。

運転が荒い

めちゃくちゃ揺れます。なんならユニバのアトラクション並みです。プラスで地面がデコボコばっかりなので揺れ倍増です。

座席は狭い

私が乗ったバスは十分に足を延ばすスペースがありませでした。

冷房が効きすぎていて寒い

ブランケットがあってもなお寒いです。

 

 

まとめ

これだけのデメリットがあってなお乗るという人はさすがにいませんよね・・・

メリットなんて安さだけですから。

私が支払った額は日本円で5213円。

外国人の友達に聞いたところこの値段はかなりぼったくられているのだとか。その友達はこの値段の半分の額でハノイからルアンパバーンに行けたそうです。

しかし、やはり何より大切なのはあなたの命です。

事故率を数値で表すことはできませんが、毎年このように事故が起きています。

できることであれば飛行機を利用して快適な旅行にしましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました