台湾旅行4泊5日の費用は何円? 費用を詳細まで紹介します!

スポンサーリンク
海外旅行
スポンサーリンク
スポンサーリンク

2019年12月24日から29日まで4泊5日の旅費について

日数は24日のお昼に到着し、29日の夕方に日本へと帰国しました。

※ホームステイ2泊(無料)もしたうえでの料金です。ご了承ください。

スポンサーリンク

渡航費(peach)

日本→台北 13,750円

台北→日本 8,770円

プラス支払手数料の1,200円で合計23,720円

でした。

年末だったということもあり、ちょっとばかり値段が高かったです。安い時であれば往復13,000円くらいです。サーチャージなどもろもろ含んでこの料金なのでお買い得感があります。

宿泊費

1日目   ホステル: 2,062円 558ドル ←(次の日も泊まる予定だったので2日分支払いました)
2日目   生徒宅でホームステイ:0円
3日目   先生宅でホームステイ:0円
4日目   ホステル:2,300円 630ドル      合計4,362円

になりました。

今回の旅行は小学校に行ったりラジオ局に招待してもらったりなど、ちょっと人と違った旅をしていたのでかなり宿泊費を抑えられたと思います。

 

 

移動費(交通費)

1日目   450円(空港から台北中央駅まで)

1,455円 100ドル購入+チャージ300ドル(悠遊カードにチャージ)

2日目   2,380円 台北→彰化
3日目   1,760円 台中→台北
4日目   727円  200ドルチャージ  台中→空港        合計6,772円

台湾の旅行では交通カードとして悠遊カードを買った方がお得に旅行をすることができます。チケットを買うよりも少し安くで乗車することができます。4日間もいれば購入した際に支払った370円(100台湾ドル)はすぐに元が取れると思います。

日本でいうICOCAのようなものでコンビニなどでも使うことができ非常に便利です!

 

食費:(現金払いのみ) 悠遊カード払いあり

悠遊カードで支払っているところは黄色のラインを引き、そのお金はチャージ代として交通費の方に計上しています。

1日目

@ファミマ カルピス

@夜市         600円 165ドル

2日目

@ファミマ 朝飯でパン2つ水1つ、果物購入

※お昼ご飯は学校の給食をいただき、晩御飯はホストファミリーにごちそうしていただきました。

3日目

朝から晩まで、ホストファミリーや先生方にごちそうしていただきました。

4日目

昼食@マクド 360円 99ドル

晩飯@夜市  472円 130ドル

ビール               合計832円 229ドル

5日目

朝食@ホステル 0円

昼食@飯屋   545円  150ドル

コーラ@空港  218円   60ドル

マクド@関空  520円

水@関空   108円

合計1,391円       全体合計 2,823円

ありがたいことにごちそうしてもらうことが多かったので食費は驚くほど浮きました。

正直この記事ほかの人の参考になるのかどうか怪しいレベルです。

 

雑費

現地SIM代 630円

Amazonで先に購入しました。

以上、トータルでかかった費用は38,307円です。

さっきも言いましたが、正直今回の旅は恵まれすぎていたのでこんなに安く抑えることができましたが、千と千尋の神隠しの舞台になった有名な九フンに行ったり、ホテルに泊まったりすると4泊5日でだいたい7万円はすると思います。

感想として台湾の物価は自分たちが思っているほど安くはありませんでした。ある旅行本に書いてあったように日本の7割くらいと考えておきましょう。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました